【新作音ゲー】クロノサークルの第一回ロケテスト情報•感想をまとめました

目次

12/15に本稼働が始まりました。初日に十数クレ遊んできたので、ロケテからの変更点を【追記】しました。(ついでに少しだけ文章を修正しました。)

f:id:y_nori:20211028224046p:plain

新型回転''コンドロラー'' (全体的に翻訳はこの調子です)

はじめに

はじめまして。ヤスノリと申します。簡単に自己紹介しますと「音ゲーいろんな機種やってたら、どれも上手くならなかった人」です。この記事は音ゲーについてある程度知識がある前提で書いているので、わからないことがあればググったり、コメントで訊いたりしてください。

クロノサークルのロケテスト情報についてまとめたかったのですが、ツイッターに書くには話が長くなりそうなので、とりあえずブログを立てて書くことにしました。このブログは長文を書きたいときに使っていこうと思います。こういったまとめを書くのは初めてなので、纏まりのない文章になっているかと思いますがよろしくおねがいします。

2021年10月15日、突如10/21から新作音楽ゲームロケテストが行われるというニュースが入ってきました。チュウニズム新筐体(15日当時は未発表)もテトテコネクトもあるのにまだ増えるのかよ!

 

筐体画像は?ゲームシステムは?→一切不明!(ロケテ前日にちょっとだけ公開)

会社は?→アンダミロ⁉どこそれ!(韓国の会社。DDRによく似たゲーム、Pump It Upの会社。)

場所は?→ラウンドワン横浜西口店!通える!

そんなわけで、そこそこの回数遊ぶことができたので、仕様をまとめていきたいと思います。

ロケテスト情報

・期間 2021/10/21(木)~11/2(火)

・場所 ラウンドワン 横浜駅西口店

・整理券方式。10/26(火)あたりでウェイティングシートに記名方式に変更。

・プレイ料金

STANDARDモード 100円3曲

ADVANCEDモード 200円4曲 EXPERT開放 (+20%レベルゲージの効果はよくわかりませんでした)→10/29(金)以降廃止

【追記】

本稼働版では30曲(10クレジット)遊ぶことで、ADVANCEDモードが開放されます。
ADVANCEDモードでは自分が遊んだ難易度以外のレベルゲージ(後述)が多く貰えます。

 

f:id:y_nori:20211028210742p:plain

モード選択画面

ロケテストで遊べた楽曲

f:id:y_nori:20211028212105p:plain

1. Skyfall / PIKASONIC & Tatsunoshin
2. 甘いワンダーランド / MAX feat. ankimo
3. Brave Escape / Junk
4. Re:End of a Dream / uma vs. モリモリあつし
5. ベースラインやってる?笑 / かめりあ feat. ななひら
6. カハタレの鳥 / Retro - Rhetorica
7. Brain Power / NOMA
8. Altale / Sakuzyo
9.ジェリーフィッシュ (feat. ローラーガール) / Yunomi
10. conflict / siromaru + cranky
11. Becouse of You / Srav3R & USAO
12. Dive High / t+pazolite
13. Aragami / xi
14. Move!! / kors k
15. ロストワンの号哭 / neru
16. からくりピエロ / 40mP
17. Nyanyanyanyanyanyanya! / daniwellP
18. HIP / MAMAMOO
19. シュガーソングとビターステップ / UNISON SQUARE GARDEN [cover]
20. Paradisus-Paradoxum / MYTH&ROID [cover]

クロノサークル公式サイトより(https://cc.am-pass.net/bbs/board.php?bo_table=notice&wr_id=9)

上の三曲はオリジナル枠です。Skyfallはロケテ前に公開されたPVで聴くことができます。

youtu.be

筐体について

f:id:y_nori:20211028192107p:plain

韓国面に落ちたmaimaiじゃん

maimaiより少し奥に傾いて設置されている、銀色のボタンの付いた黒い輪がグルグルと回るのが最大の特徴です。このWACCA輪っかはかなりスムーズに回る印象です。しかし、輪っか自体の質量が大きいので、回転を止める•勢いよく回す•逆回転させるなどの動作は重く感じました。手袋をしていると滑って回しにくかったです。この輪っかのことを以降は、ゲーム内での呼び方に倣って「サークルコントローラー」と呼びます。

輪っかに付いたボタンは12個(多い!)。かなり固く、しっかりと中央を長押しする感覚で押し込まないと無反応がよく出ます(マジでなんとかして欲しい!)。10/29(金)に改善。maimaiほどではないですが、そこそこ軽くなりました(まだボタンの反応は怪しいけど…)。maimaiと違って、押すとカチカチと音が鳴ります。ボタンの間の距離は片手で2つ同時押しができる長さで、ロケテの時点で3つ•4つ押し4ボタン階段が降ってくるのは流石韓国音ゲーです。

【追記】

本稼働版では、ボタンがめちゃくちゃ軽く、反応も良くなっていました。今後のメンテ次第ですが、とりあえず初日は快適に遊べて感動。まだ若干反応が怪しいことがあるので、さらなる改善に期待です。(WACCAも舞寺も反応良くなったし、きっと大丈夫!)

画面はタッチパネルになっていて(maimaiのようなセンサー単位の反応ではなく、普通にタッチパネルです)、こちらを使った操作もあります。画面のサイズは大体maimaiくらいです。薄手の手袋をしていても反応しましたが、(今のところ)激しいスライド操作は要求されないので、手袋はいらないかもしれません。

床は音楽に合わせて振動します(グルコスのグルーヴステージのように一曲ごとに手作業で振動パターンが作られているわけではなさそう)。振動の強さはオプションで変えられます(0~100%)。100%にしてもプレイ中はあまり気にならない程度の振動で、グルーヴステージほど強くは震えません。

f:id:y_nori:20211028192651p:plain

イヤホンジャック(下からのブレブレ写真)

近年の音ゲーには欠かせないイヤホンジャックは画面の下に、音量調節ボタンと共に配置されています。下を向いて配置され、音量調節ボタンは感触でどちらが上か判別できないので、イヤホンを挿し込む時や(配置を覚えるまで)音量調節の際は覗き込む必要があるのが難点です。確証はありませんが、音量はユーザーのセーブデータに保存されるわけではなく、筐体ごとに保存されているようです。イヤホンを挿すときに度々、音量が小さすぎたり、爆音攻撃を食らったりしました。

【追記】
本稼働ではイヤホンジャックと音量調整ボタンが上向きに変更され、遊びやすくなりました。初ロケテから一か月ちょっとでの筐体デザイン変更は凄い!

f:id:y_nori:20211028204354p:plain

f:id:y_nori:20211028204443p:plain

筐体画像いろいろ(側面の模様はツイートをご覧ください)

画面の周りには文字盤を象った模様があり、様々な色に発光します。床の模様も同様に発光します。白を基調とした筐体が全体的に紫に光る中、一部が虹色に光るのはゲーミングって感じで好きです。

側面には英語やルーン文字(と「記憶」という漢字)があったりと筐体デザインはSFアニメ感があって、こちらもいいですね。だからこそ、画面内のデザインとのミスマッチ感が気になったのですが…

f:id:y_nori:20211028203146p:plain

看板にはラウンドワンのロゴ

最後に、話題になっている看板の話です。アンダミロのロゴだけでも面白いのですが、左側にはなんとラウンドワンのロゴがあります。(しかも日本のものではなく、アメリカのラウンドワンのロゴ!)ラウンドワン限定稼働なのかどうかは不明ですし、どれくらい関わっているのかもわかりませんが、驚きです。足元のタイトルロゴの下や、アドバタイズ画面(プレイしていない時に流れる画面)にもラウンドワンとアンダミロのロゴがあります。

【追記】

結局、ラウンドワン独占ゲームでした。

f:id:y_nori:20211028203455p:plain

f:id:y_nori:20211028203628p:plain

ゲーム内に表示されるアメリカ版ラウワンロゴ/日本版ラウワンロゴ

ログイン

他の音ゲーのようにAmusement IC対応カードは使えません。AM.PASSカード(日本で持ってる人殆どいない)QRコードを使ったSNS連携でログインします。ALL.netを使っていないので、本稼働でもAimeには対応しないようです。

QRコードログインでは、筐体画面に表示されるQRコードを読み取ると筐体にログイン中の画面が表示され、制限時間内にスマホで操作をすることでログインできます。

【追記】

ログイン方法は本稼働版でも同じです。ラウンドワンではAM.PASSが売られないようなので、基本QRコードログインを使うことになると思います。要するに、スマホがあれば大丈夫です。ラインかツイッターのアカウントがあれば、事前にAM.PASSのアカウントを作る必要もありません。

f:id:y_nori:20211030095516p:plain

2回目以降は③と⑤の手順が無くなります。

f:id:y_nori:20211030095857p:plain

ログインボーナスは、ルーレットで貰えるポイントが変わります。ここで貰えるTPは、ゲームの最後のアイテム解禁画面で使うようです。

【追記】

STANDARDモードとADVANCEDモードでそれぞれ一日一回ログインボーナスがもらえるようです。ロケテの時は一日何回も貰えるときがあったけどバグなのか?

選曲画面・オプション・難易度について

f:id:y_nori:20211028221642p:plain

選曲画面(公式サイトより)

選曲画面では画面をスライド、ジャケットをタップ、もしくはサークルコントローラーを回転させることで曲を選択します。選曲時間は60秒です。円の外周に表示されているボタン類はサークルコントローラーの物理ボタンを押す必要があるのですが、ボタンの位置が中途半端な場所にあると反応しないので、画面の表示の位置までサークルコントローラーを少し回転させる必要があります。しかし、回転させると隣の曲が選択されてしまうという弊害があるので、画面内の表示をタップしても反応するようにしてほしいと思いました。

【追記】

本稼働版ではボタンの反応範囲が広くなった気がします。(あくまで気がするだけですが)

ソートボタンでは[全難易度が混ざった状態の表示]と、[EASY~MASTERまでの内、特定の難易度だけを表示]の6通りの表示が選べます。難易度を絞り込んでから、スクロールして曲を一巡させると他の難易度に切り替わるのはクソ仕様。ロケテ期間中に改善済み。

一度に全ての難易度のレベルが見られない、高難易度の解禁状況が一目でわからない、など選曲画面が使いにくいのはマイナスポイントでした。

【追記】

本稼働版では、未開放のEXPERT,MASTERに鍵アイコンがつくようになりました。(解禁しても鍵アイコンがついたままだけど…)

カテゴリボタンでは、「全カテゴリ」「ポップス&アニメ」「バラエティー」「ボーカロイド」「オリジナル」で絞り込めます。

f:id:y_nori:20211028224550p:plain

オプション画面(公式サイトより)

オプションボタンを押すと上の画像の画面が出てきます。プレビュー画面などはありませんが、基本的な設定は揃っています。一番上の速度設定では、(後ほど説明する)8種類のノーツのうち、画面の外周に向かって飛んでくる4種類のノーツの速度のみを変更できます。

SCORE MODEでは、スコア表示をmaimaiのように減算表示にできます「反対の」という翻訳がいい味だしてます。(ちなみにスコア非表示の設定は「ヒドゥン」。カタカナにされると絶妙にダサい。)

JUDGE MODEの設定を「反対の」にすることで、PERFECTを出すとMISSの文字が出て、MISSを出すとPERFECTの文字が出るというように、判定表示を逆転させられますこのオプションいる?(「ヒドゥン」では判定文字が非表示になります。)

f:id:y_nori:20211102204907p:plain

音ゲー界屈指の謎オプション

一番下の項目を使えば、曲ごとにオプションを保存できるそうですが、私は試してないです。

【追記】

本稼働版では、「ノーマル」「反対の」「ヒドゥン」の表記が「NOMAL」「REVERSE」「HIDDEN」になりました。やっぱりカタカナ表記はダサかった。ノーツ速度の目安の説明書きが追加されています。右上に閉じるボタンと、右下にリセットボタンが追加されました。

f:id:y_nori:20211028225533p:plain

難易度選択画面(公式サイトより)

曲を選ぶと難易度選択画面です。maimaiじゃん。

難易度の名前(EASY,NOMAL,HARD,EXPERT,MASTER)や理論値が101%なことからも、明らかにSEGA音ゲーを意識していることが伺えます。

譜面製作者名や、筐体内ベストスコアとワールドベストも確認できます。(ワールドベストは譜面製作者達のほぼ理論値みたいなスコアで埋まってる。怖い。)

【追記】

本稼働版では、難易度の色がになりました。EXPERTが紫色です。SEGA音ゲー民はこのゲームの難易度を察してください。

ゲームシステムと譜面

maimaiDJMAX TECHNIKASpin Rhythm XD日韓豪キメラみたいなゲームです(テクニカやったことないけど)。高難易度では、いままでの音ゲーで培ったスキルは全く通用しません。(リステップくらい通用しません→この例えがわからなかったら、次の記事をお読みください)とにかくヤバい!!

まずは操作方法を見てもらいたいと思います。

youtu.be

ノーツの種類多くない?

f:id:y_nori:20211029000302p:plain

多い。会場の看板に書いてあった操作方法から変更されて、TACKノーツがただのボーナスノーツになっていたのは唯一の救いですね。

f:id:y_nori:20211029000725p:plain

会場の看板にあった変更前のもの

この複雑な操作方法でどんな譜面が降ってくるのでしょうか?それでは公式のプレイ動画をご覧ください。

youtu.be

この譜面を見て、「なんだこのムリゲー」と思った人から「思ったより簡単そう」と思った人までいると思いますが、これEXPERTなんです。もう一段階異次元のMASTERっていう難易度があるんですね。このゲームが本性を現します。

この記事書いてたらEXPERTの映像消されてるじゃん。今更簡単だよアピールとか無駄だと思いますが!お前は立派な韓国音ゲーなんだよ!!

youtu.be

仕方がないのでHARDの動画です。

MASTER(とEXPERT)の動画は今のところ上がってないので、文章でなんとか表現したいと思います。

私がMASTER譜面でみたもの(プレイ後急いで書いたメモを基にした読みづらい文章)

  • EXPERTの時点であたりまえのように二本の針が線対称に同時に回る。
  • 画面・ボタン・回転の交互・同時処理(HARDくらいから易しめのが出てくる。EXPERTから牙をむく。いったい視線をどこにやればいいのか)
  • 片手拘束での画面処理が容赦ない(画面で片手トリルさせる配置とか)
  • ポップス楽曲であろうと、容赦なくKNOCKノーツを叩きながらTICK叩かせたり、SPIN回しながらPOP叩かせたり。(ノーツが被ってみえない!)
  • SPINとTICKの同時(押し回し的なやつ。ノーツが被ってみえない!)
  • 8分押しながら回転させてDRIVEノーツの位置を合わせる(MASTERの基本技術)
  • 高速回転する針(音ゲーといえばソフラン!)
  • 8分間隔でカクカクと次のノーツまで瞬間移動ソフランする針(EXPERTの譜面にもあった。パカパカパッションみたいなものと言えば伝わるかな?)
  • ギザギザの図形を描くKNOCKノーツ(やることは変わらないけど、情報量…)
  • 3点ボタン同時押し(ブレパで登場)
  • 4点ボタン同時押し(aragamiで多用)
  • 4ボタン階段(リエンドわけがわからない)
  • maimaiみたいな16分ボタン乱打(ボタン固いし、回って押しにくい)
  • ちょっとゆっくりなmaimaiのアメマイ赤みたいなハネリズムボタンが降ってくるからくりピエロMASTER
  • サークルコントローラーを一定の速度で回転させながら、いろいろ処理するAragami(人間そんなに器用じゃない)
  • 4点DRIVE
  • 4点DRIVE(うねうねする)+SPIN(一度わからなくなったらミスの連鎖)
  • 4点DRIVE+2点TICK(conflictビーム地帯)
  • 12点DRIVE(conflict,画面のすべてを埋め尽くす青ホールドビーム)

【追記】

おそらくロケテと本稼働版の譜面は同じです(曖昧な記憶を頼りにした信憑性ゼロ情報)。上の駄文を読むより、実際にMASTERやって絶望してみよう!!

そんなものが出てきた結果がこちらです。

f:id:y_nori:20211029020111p:plain

今回のロケテの最難関楽曲

前の人のプレイを見て、予習してから臨みましたが、私にはどうしようもなかったです。EXPERTをクリアできるようになってきたことによる自信は一撃で砕かれました。

もちろん、最難関譜面だけが難しいというわけではなく…

f:id:y_nori:20211029021108p:plain

f:id:y_nori:20211029021217p:plain

すべてのMASTER譜面において(ただでさえ難しい)EXPERTとは別次元が広がっていました。慣れないといけない要素が多すぎる!

譜面を言葉で伝えるのは難しいですが、「MASTERがとにかくヤバイよ!SEGA音ゲーとかと違ってPOPS&ANIMEでも容赦ないよ!」ということが伝われば幸いです。

とはいえ、ただ難しいだけのゲームではないです。

EASY~HARDの難易度を遊ぶと、色々な種類のノーツが一度に出てくることは少なく、「画面タッチの区間」「ボタン操作の区間」のように上手くパート分けがされていています。それぞれのパートの切り替え時にしばらくノーツが来ない時間があるなど、初心者への配慮がしっかりとされていて遊びやすいです。高難易度になるとパートの切り替えが唐突になり、複数種類のノーツの複合が降ってきたりと本性を現しますが、低難易度はとても遊びやすく、楽しい譜面が揃っています。

そして、高難易度の譜面の配置もただむやみに難しくするようなものではなく、できると楽しいできたら楽しいだろうなぁという譜面で、配置に納得感があります。今までの音ゲーの常識が通用しない譜面ですが、ロケテの時点で次々とMASTER譜面をクリアしている方もいらっしゃるようです。(というかその方で筐体内ランキングほぼ埋まってた…)判定は緩めなので、結局すぐに理論値ゲーになりそうな気もしますね…

そして、クロノサークル特有の楽しさは、譜面を研究して、理解して、取れるようになった時の気持ちよさだと思います。「こうかな?」と考えた動きが譜面と綺麗に噛み合ったときは、最高に楽しいです。SEGA音ゲーなどにもいわゆる脳トレ譜面という物がありましたが、それを煮詰めた感じです。これは死にゲーの楽しさです。

最後に、音ゲー部分についてまとめたいと思います。

評価点

  • 譜面が楽しい。
  • 回すの楽しい。
  • 音ゲーキメラゲームシステムによって斬新な動きが生まれている。
  • 譜面ごとの個性が強くて印象に残る。
  • 日本風を装った韓国音ゲーって感じの高難易度
  • 低難易度を遊びやすくする調整が、しっかりされている。

問題点

  • ボタン硬い→硬さは改善されたけど、反応が…→【追記】本稼働版で割と改善
  • ノーツの視認性があまり良くない。→【追記】本稼働版で割と改善
  • DRIVEノーツを一度外すと、戻す位置が分かりづらい。
  • 他の音ゲーにある爽快感がない。(これはエフェクトやSEの問題な気がする。クロスビーツはタッチパネルでも打鍵感・爽快感を出せてたから、頑張ってほしいです)
  • 難易度曲線が歪。HARDEXPERT, EXPERT→MASTERがかけ離れ過ぎている。MASTERはポップスアニメもヤバいので、練習譜面のような物がない。
  • やることが多いので、音ゲー初心者が1から始めるには習得コストが高すぎる。

(音ゲー部分も、それ以外も)問題点は多いですが、新鮮で楽しい音ゲーです。記事の最後の方にわかる範囲でノーツの仕様についてまとめているので、興味があればご覧ください。

リザルト画面

f:id:y_nori:20211030101009p:plain

まず、クリア条件は難易度ごとに異なります(MASTERは90%, EXPERTは85%など)。そして、特にランクのようなものはありません。クリアすると「CLEAR」、失敗すると「ALMOST」と出るのみです。マイベスト、筐体内ベスト、ワールドベストを取ったときは、スコアの横に表示されます。

【追記】

本稼働版では、クリア条件が全難易度80%に統一されたようです(要検証)。

レーティングシステムもあるのですが、仕組みはよくわからなかったです。自分はあるとき、いきなりレート1→10になって、称号のロックを解除しましたの音声を9回連続で聞かされたので、マジでわからないです。後述するマイページでは、自分のレートが上位何%なのかを見ることができます。

【追記】
レーティングは30曲遊んだ時点で計算されるので、一気に上がったみたいです。

リザルト画面を終了するときのスキップボタンは長押しする必要があるのですが、エフェクトがわかりにくくて初見プレイでは気づけませんでした。

【追記】
本稼働版では、スキップボタンは長押しが不要になりました。最後のラウンジ画面のスキップボタンは長押しが必要です。

解禁要素について

難易度解禁
一曲ごと、各難易度ごとにある、MEMORY EFFECT(【追記】レベルゲージという名称が正しいようです。以下の文章も修正しました。)というものを貯めることで解禁できます。EXPERTEASY, NORMAL, HARDを全て100%に、MASTEREXPERTを100%にすることで解禁できます。各難易度のレベルゲージを100%にすることで、楽曲に対応するキャラクターの親密度が上がります。

f:id:y_nori:20211029202832p:plain

リザルト画面(一部)

プレイした難易度ではスコアの%がそのままレベルゲージとして貯まります。さらに、下の難易度にも少し貯まります。(例えば、EXPERTをプレイした場合、下の3難易度にはスコアの半分のレベルゲージが貯まりました。)
3回程度は下の難易度をプレイする必要があるので、MASTERが適正難易度になったら解禁は面倒かもしれません。

【追記】

公式サイトの更新で細かい仕様が発表されました。

f:id:y_nori:20211215175004p:plain

解禁要素

f:id:y_nori:20211029204221p:plain

ラウンジ(解禁画面)

ゲームの最後にはラウンジ(解禁画面)が登場します。ここでは、メモリー(楽曲)、タイトル(称号)、アバター、ノートスキン、ビートサウンド(SE)を獲得できます。

楽曲と称号は、キャラクターの親密度を上げて開放するようです。早速やってみましょう。

f:id:y_nori:20211029204019p:plain

3/300…!

 

なんか要求量ヤバくね?

なんとか称号獲得に必要な親密度20までは貯めることができたので、早速解禁してみましょう!

f:id:y_nori:20211029204355p:plain

ポイントだと…⁉

9999! 99999!
親密度称号なのに、さらにポイント要求するのかよ!要求量もおかしい!

というわけで、残念ながらロケテでは解禁できない仕様です。最後に、ロケテで解禁(不)可能な楽曲、全5曲です。

f:id:y_nori:20211029205904p:plain

真ん中のNAOKIさんの曲遊びたかった…

マイページ

f:id:y_nori:20211029211242p:plain

マイページ(レーティングの数字のバランスよ…)

一応あります。まだ機能は十分ではないですね…正式稼働時には曲別のベストスコアやもっと詳しいリザルトが見れるといいですね。独特な機能としては、ワールドベスト保持数が見れます。

【追記】(という名の悲報)

本稼働でもマイページ何も変わってない!あのテトテコネクトよりも機能少ない!

f:id:y_nori:20211029210348p:plain

プレイ履歴は本当に最低限です。(最新15件までのみ表示可能)

おまけ

ただの自分語り

f:id:y_nori:20211102203743p:plain

f:id:y_nori:20211102203632p:plain

ロケテ最終日の昼間にMASTERの2曲で、筐体新記録(ロケテ内最高スコア)を出すことができました。めっちゃ嬉しい。このあと記録抜かれていたとしても、知る手段がないから、俺が一番!他のMASTERはクリアすらできませんでしたが…

f:id:y_nori:20211102204602p:plain

どうしようもないやつ(最終結果)

そして、書くスペースが無いのでここに書きますが、難易度選択画面の読み込みが遅れた時に一瞬だけ韓国語の画面が見えたので、ゲーム内に韓国語のデータは入っていると思います。

私が確認できた譜面製作者の一覧(敬称略)

  • Chroneko
  • ENVYtic.
  • EXC(Pump It Upでヤバい譜面作ってる方らしい…)
  • SPHAM
  • ssouler(正体はSound Soulerさんでした)

ノーツの仕様について

f:id:y_nori:20211029000302p:plain

  • POP擦れないです。下位の判定はあまり大きくないので、ある程度間隔があれば、手を広げて周りのPOPノーツと同時に叩いても巻き込まないです。
  • HOLD始点判定も終点判定もありません。Cytusのような感覚で、先行して押すことが可能です。コンボの加算方式はチュウニズムなどのように押してる間は連続でコンボが加算される方式で、押し直しもできます。→【追記】本稼働版では、始点判定がありました。
  • SLASH→擦って取ることも可能だった気がします。
  • SPIN少しだけ回せば反応するのがありがたい。→【追記】本稼働時に矢印が大きくなり、見やすくなりました。(気のせいだったらごめんなさい)
  • TICKTACKサークルコントローラーの回転に合わせて動きますTOCKDRIVEは回転に合わせて動かないノーツなので同時に降ってくると位置関係で混乱しやすく、隣のボタンを押し間違えないようにするのが難しいです。

  • サークルエリアのノーツは画面タッチでは反応しません

【追記】

本稼働版ではサークルエリアノーツの予告エフェクトが変更されて、視認性が上がりました。(ボタンを押したときに出る赤い矢印は、邪魔なので廃止してほしい…)その他のノーツデザインも微妙に変わっている気がします。

f:id:y_nori:20211224171113p:plain
f:id:y_nori:20211224171131j:plain
←変更前/変更後→

表示されるロゴ

f:id:y_nori:20211030101315p:plain

ラウンドワン(アメリカ版ロゴ)

f:id:y_nori:20211030101404p:plain

アンダミロ

f:id:y_nori:20211030101442p:plain

これは…何?


起動画面

f:id:y_nori:20211029230510p:plain

起動画面

この画面の後に、サークルコントローラーを360度回すように指示する、起動案内専用のななひらさんのボイスが存在します。普段はゲーセン店員しか聞けないやつだ…

唐突なおわり

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。私も12月の本稼働が楽しみです(残念ながら、しばらくはあまり遊べなさそうですが)。

感想や意見(ゲームに対してでも、私の文章に対してでも)、クロノサークルに知っていることなどがあれば、是非コメントに書いてください。

 

【追記】
本稼働版では多くの改善が行われていました。開発チームは(アクセス数がかなり少ない)本記事までエゴサされているようで、ユーザーの声を取り入れる姿勢が見えます。他の音ゲーに劣る部分もまだ多いですが、今後に期待できそうだと思いました。今の私にはガチる余裕はありませんが、ぼちぼち遊んでいきたいと思います。それでは、この記事を読んでいただきありがとうございました。また気づいたことがあれば追記したいと思います。